ヤマハ楽譜見放題今なら1か月無料 クリックで見る≫

ピアノの先生解説|ピアノの始め方完全ガイド!上達のコツまで丁寧に解説!初心者でも弾けるようになろう!

はじめまして♪

ピアノの先生、ソニア(@carpediemsonia_)です。

この記事を書いた人
ソニア

ピアノの先生。
音楽大学のピアノ科卒業。
中学校教諭一種免許状(音楽)・高等学校教諭一種免許状(音楽)取得。

ピアノ奏法・ピアノ指導法・音楽理論・音楽史・指揮法・作曲学・声楽・合唱・リトミック・英語リトミック・管楽器を学ぶ。
管楽器では吹奏楽コンクール地区大会金賞・県大会銀賞。
TOEIC780点。

ソニアをフォローする

 

このページでは私、ソニアがピアノの先生(音楽の専門家)として、「ピアノの始め方」から「上達のコツ」まで何処よりもわかりやすく、丁寧に、音楽初心者の方でも全く問題がないように解していきます。

すぐに本題に入りたい方は下のボタンから、気になる項目をクリック(タップ)してください。
▼知りたい所から読む▼
なぜピアノを習うの?
ピアノのはじめかた
ピアノ教室の選び方
ピアノの選び方
ピアノ上達のコツ
ピアノの練習方法

 

私はピアノを始めて約20年。

発表会で演奏したジブリの曲をきっかけにピアノが好きになり、当時習っていた先生にあこがれ、ピアノの先生になることを目指しました。

ピアノを好きな気持ちがあってもピアノがなかなか上達せず、伸び悩んだ時期もありましたが、私の音楽人生を変えた教本・恩師に出会い、音楽大学に合格することができました。

現在は、これまでの経験を活かし、ピアノの先生としてブログやSNSでピアノや音楽に関する情報を発信しています。

 

▼私の音楽人生を変えた教本▼

 

「carpediem(カーぺディエム)」はピアノの先生の解説でわかる!ピアノ・音楽に役立つ情報サイト

「carpediem(カーぺディエム)」では、そんなピアノの「プロ」が「完全初心者でも大丈夫なように」・「出来る限りわかりやすく」・「専門用語を使わずに 図解多めで」ピアノの始め方から上達のコツまで紹介していきます。

いっしょにピアノを楽しみましょう♪

 

▼ピアノ初心者によくある疑問▼

~悩んでいるピアノ初心者~

ペンギンくん

なぜピアノを習うの?

うさぎ

ピアノのはじめかたを知りたい!

ひよこ

おすすめのピアノ教室はどこ?

ひつじ

どんなピアノを選べばいいか分からない…….

しろくま

ピアノ上達のコツは?

こりす

ピアノの練習ってどうやればいいの?

 

こんな疑問も、「全て」この記事で解決していきます♪

ピアノや音楽に全然詳しく無い人でも全く問題ありません。順番に読んでいけば、誰でもピアノを迷わず始めることができます!

 

細かい説明は良いから「すぐにピアノのはじめかたを知りたい!」って人は下のボタンから飛べます!

 

▼すぐにピアノの始め方を知りたい方はこちら▼

ピアノのはじめかた

※「【STEP2】ピアノのはじめかた」に飛びます

 

【STEP1】なぜピアノを習うの?

「なぜピアノを習うのかはもうわかってるよ!」という人は、この項目は読み飛ばしてOK
別にわかってなくてもとりあえず始めたい場合は「【STEP2】ピアノのはじめかた」に飛んで行っても問題ないよ
ここを知らないとピアノをやっちゃいけない!なんて事はないので気になる方だけでも読んでみてね。初めから完璧に理解しなくても、段々知っていけばOK♪
ペンギンくん
ペンギンくん

ピアノ以外にもたくさん習い事はあるけど…….。

ピアノを習うメリットどんなものがあるの?

ピアノを習うメリットはたくさんありますが大きく分けてこの6つだよ。

ピアノを習うメリット6つ「集中力を鍛えられる」・「暗記力を育てる」・「リズム感を養う」・「想像力を豊かにする」・「協調性をはぐくむ」・「継続力が身につく」

ピアノはただ演奏しているだけではなく、かなり脳を使っているんだよ。

だからこそ、ピアノを通して身につくことがたくさんあるんだ♪

 

6つのメリットを詳しく説明していくね!

 

集中力を鍛えられる

指や体の繊細なコントロールが求められるピアノ。

少しでも気を緩めると、ミスタッチが多くなったり、美しい音楽から遠ざかってしまうんだ…….。

ピアノを続ければ続けるほど、集中力が鍛えられるよ。

ペンギンくん
ペンギンくん

「集中してピアノを演奏する」ってどんな感じなんだろう…….

「集中してピアノを演奏する」ってなかなかイメージが付きにくいよね。

例えば、人気ピアニスト、小林 愛実さんの幼い頃の演奏がこちら。

表現したい音を出すためにどのように体を使うか、指の先まで集中して演奏していることが分かるね。

小林 愛実(こばやし あいみ):世界的な活躍が期待される日本の若手ピアニスト。3歳からピアノを始め7歳でオーケストラと共演、9歳で国際デビュー。2021年10月、「第18回ショパン国際ピアノコンクール」第4位入賞。2022年3月に第31回出光音楽賞を受賞。

 

暗記力を育てる

ピアノを始めると発表会やコンクールに出場する機会があるよ。

そこでは楽譜を全て覚えて演奏するため、暗記力が身に付くよ。

ペンギンくん
ペンギンくん

楽譜を覚える?!

難しそう…….。

ぼくでもできるかな?

大丈夫。

一見難しそうだと感じる楽譜も練習を重ねてコツを覚えるとそれほど難しくないよ。

そんな楽譜を覚える過程で聴く力も使うのでいろいろな方法での暗記力が学べるよ。

 

リズム感を養う

ピアノを演奏することでリズム感も養われるよ。

跳ねるようなリズム、ゆったりとした流れるようなリズム、ピアノを通していろいろなリズムを学ぶことができるよ。

ペンギンくん
ペンギンくん

リズム感を学べるのは音楽ならではで楽しみながら取り組めそう!

ピアノで身につけたリズム感。

音楽以外でも何か役立つといいなあ…….。

リズム感って音楽以外にも何か役に立つことはあるの?

6歳からピアノを始めて身についたリズム感は語学に役立ったよ。

特に役立ったと思ったのは英語の聞き取り。

英語のリズム感と音楽のリズム感は似ていてスムーズに聞き取ることができたよ。

ピアノももともとは西洋で生まれたものなので、英語とリズムの共通点があるからか英語を聴いていても違和感がなく、抵抗感もなかったんだ。

▼英語のリズムと音楽のリズムは似ている▼

 

想像力を豊かにする

ピアノは想像力も鍛えられるよ。

ペンギンくん
ペンギンくん

ピアノで想像力?

あまりピンとこないなあ…….。

たとえばこんなふうに想像力を身につけていくよ。


【ピアノを練習する人】

うさぎ
うさぎ

この作曲家はどんな状況でどんな気持ちこの作品を作ったんだろう?

悲しい気持ち?嬉しい気持ち?

ひよこ
ひよこ

子犬のワルツ…….。子犬が元気に走っているところを表現したいな。どんな音が「子犬が元気に走っているところ」にあうかな?


 

ペンギンくん
ペンギンくん

わあ…….!

ピアノを演奏するとき本当にいろんなことを考えて演奏するんだね。

ピアノを弾くときは、たくさんのことを考えながら演奏するので考えを整理する力も身に付くよ。

 

協調性をはぐくむ

ペンギンくん
ペンギンくん

わあ…….!

とっても息の合った素敵な演奏!

ピアノは必ずしも一人で演奏するとは限らないよ。

連弾、楽器や歌の伴奏、オーケストラとの演奏など、ほかの演奏者と息を合わせて演奏することもたくさんあるんだ。

その際、もちろん他の演奏者とのコミュニケーションは必須。

言葉のコミュニケーションや音楽のコミュニケーションを繰り返し、素敵な演奏をいろんな人と作っていくよ。

 

継続力が身につく

ピアノの上達のためにはコツコツと練習を積み重ねることが大切。

次のピアノのレッスンに向けて毎日練習を積むよ。

その結果、継続力が身に付くんだ。

ペンギンくん
ペンギンくん

ふんふん。

継続力が身に付けば、勉強にも生かせるかも。

また、ピアノは楽しみながら向上心を持って継続ができるのもいいところ。

 

「憧れのあの曲が弾けるようになるために練習を頑張ろう!」

「もっと上手に演奏できるようになりたいなあ」

 

そんな気持ちで日々練習に取り組むことができるよ。

 

おまけ:そもそも初心者や大人でもピアノって上達するの?→上達します

ペンギンくん
ペンギンくん

そもそもこれからピアノを始めて上達するのかな…….💦せっかく始めるなら上達したいけど…….💦

大丈夫。上達するよ。

「練習」「振り返り」「お手本の演奏を聴く」「曲への理解を深める」…….。

ピアノの上達のためにすることはたくさんあるけど、結局初心者でも大人でもみんな上達のためにすることは同じなんだ。

ペンギンくん
ペンギンくん

そっかあ…….。

いつ始めるかじゃなくて問題は上達するために何をするかなんだね…….!

ピアノが上手く弾けない日もどうすれば上手くなるか悩むこと自体が成長に繋がったり、苦手な曲はあるけど得意な曲を磨いていたら苦手な曲も克服できたり…….。

 

ピアノに向き合う全ての時間や努力が上達や成長に繋がっていくよ。

今日が一番若い日。

ピアノの上達のためにいっしょに頑張ろうね!

 

【STEP2】ピアノのはじめかた

ここからようやく具体的なピアノの始め方に入るよ。

 

ピアノの始め方は「ピアノ教室で習う」か「独学でピアノを学ぶ」かで始め方が変わってくるよ。

 

まずは現時点で「ピアノ教室で習う」か「独学でピアノを学ぶ」か選んで下のボタンをクリック(タップ)してみよう。

悩んでいる場合は「どちらか迷っている」にしてみよう。

▼選ぶとそれぞれの場合の解説に飛びます▼
\有料だけどおすすめ/ピアノ教室で習う

\価格を抑えられる/独学でピアノを学ぶ

どちらか迷っている

 

【有料だけどおすすめ】ピアノ教室で習う場合のピアノの始め方

ピアノ教室で習う場合のピアノの始め方はこちら。

▼ピアノ教室で習う場合のピアノの始め方▼

  1. ピアノ教室を探す
  2. 体験レッスンを受ける
  3. 入会を申込む
ピアノの先生からのアドバイス:ピアノの先生との相性を確かめるためにもピアノ教室は慎重に選ぼう。そのために体験レッスンを受けることは重要。無料で体験レッスンができる教室も多いから、気軽に受けられるよ。できるだけたくさんの体験レッスンを受けて自分にピッタリの教室を見つけよう
ペンギンくん
ペンギンくん

そもそもピアノ教室ってどうやって探せばいいの…….(´;ω;`)

ピアノ教室探しに参考になる解説や記事をピックアップしたよ。

もっともおすすめなピアノ教室を見る

 

最もおすすめなピアノ教室はどこ?

ピアノ教室で習う場合、最もおすすめできるピアノ教室は「椿音楽教室」だよ。

椿音楽教室は、第一線で活躍する音楽のプロにスキマ時間に気軽にレッスンを受けられる優れた音楽教室。

 

▼椿音楽教室の概要▼

入会金10,000円
レッスン料【マンツーマンレッスンコース】
月1回(60分/回):5,900円~
【1曲集中レッスンコース】
全8回(60分/回):50,000円
レッスンスタイルオンライン/対面
無料体験無料体験レッスンあり
教室数全国200か所以上

 

他のピアノ教室と比較しても、最も質と料金のバランスが取れていて、椿音楽教室は最もおすすめな音楽教室だったよ。

 

▼子どものピアノ教室のポジショニングマップ▼

 

▼大人のピアノ教室のポジショニングマップ▼

大人のピアノ教室のポジショニングマップ

大人のピアノ教室のポジショニングマップ

▼大人にも人気のピアノ教室を比較した記事▼

 

椿音楽教室は選べる楽器が25種類以上と豊富。

完全初心者向けのコースから音大を目指すコースまで自分のレベルに合わせて様々なコースを選べるよ。

 

▼ここがすごい!椿音楽教室の7つのメリット▼

ここがすごい!椿音楽教室の7つのメリット

ここがすごい!椿音楽教室の7つのメリット

 

▼習う楽器が決まってなくてもOK!25種類以上の楽器から選べる▼

椿音楽教室は学べる楽器が豊富

椿音楽教室は学べる楽器が豊富

 

椿音楽教室には、メリットがたくさん♪

他の音楽教室に比べて、レッスン時間の融通がきいたり、オンラインレッスンを受けられるから、忙しい人にはぴったりの音楽教室だよ

 

▼はじめてでも安心♪無料体験レッスンを受けてみよう▼

椿音楽教室は仕事終わりやスキマ時間にレッスンを受けられる

椿音楽教室は仕事終わりやスキマ時間にレッスンを受けられる

 

楽譜や楽器は用意してくれて、楽器に触ったことのない完全初心者でも大丈夫

実際のレッスンの様子を無料で体感できるので受けてみることをおすすめします。

 

\まずは無料体験レッスン/

》》椿音楽教室公式ホームページ

💡今なら60分の体験レッスンが無料💡

 

椿音楽教室の公式サイト

https://tsubaki-musicschool.com/

 

【無料も可能】独学の場合のピアノの始め方

このブログでは独学でピアノを学ぶ場合に役立つ記事がたくさん。

独学の場合に参考になる記事をピックアップしたよ。

 

まずは楽譜の読み方を学ぼう

 

演奏にチャレンジしてみよう

おすすめピアノ楽譜を「演奏するときの注意点やコツ」・「楽譜選びのポイント」とともに紹介しているよ。

解説付きなのでピアノの完全初心者でも挑戦できるよ。

初級・中級・上級のレベル別に紹介しているから自分のレベルに合った楽譜が見つけられるよ。

ピアノの完全初心者の方には初級の楽譜がおすすめ。簡単な楽譜から挑戦してだんだんレベルを上げていこう。

 

▼人気楽譜▼

 

上達に悩んだら

ペンギンくん
ペンギンくん

なかなか上達しない…….上達のコツが知りたい!

ピアノ上達のコツ

※「【STEP5】ピアノ上達のコツ」に飛びます

 

ペンギンくん
ペンギンくん

練習方法ってこれでいいのかな…….?不安だよ。

ピアノの練習方法

※「【STEP6】ピアノの練習方法」に飛びます

 

ペンギンくん
ペンギンくん

やっぱり独学よりピアノ教室で習う方があってるかも…….。

ピアノ教室で習う

※「ピアノ教室で習う」の解説に飛びます

 

どちらか迷っている:ピアノ教室で習う場合と独学の場合を比較

ピアノ教室のメリット・デメリットを知ろう

そもそもピアノ教室に通わずに独学で何とかなると考える方もいらっしゃいます。

ピアノ教室に通うメリットとデメリットを解説していきますので、ご自身がピアノ教室に通う方がいいのか、それとも独学でピアノを習う方があっているのか決める参考になさってください。

 

▼ピアノ教室のメリット▼

ピアノの先生と直接対話できて確実にピアノの上達に繋がる

確実にピアノの上達に繋がる
発表会など演奏の機会を得られて上達を実感できる
音楽を一緒に楽しめる仲間が見つかる
わからないことを質問できる環境ができる

ピアノ教室のメリットは、ピアノの先生と直接対話でき、ピアノの演奏技術を鍛えられることです。

また、分からないことをその場で質問できるので効率的に上達を目指せます。

グループレッスンを選ぶと、お得にレッスンを受けながら、音楽仲間を見つけることもできます。

 

▼ピアノ教室のデメリット▼

レッスンに通うのに費用と時間がかかる

レッスンに通うのに費用がかかる
練習時間の確保を求められることがある
通うのに時間がかかる

 

ピアノ教室のデメリットは何より費用が掛かることです。

また、ピアノ教室に通い、ピアノの上達を目指すとレッスンの復習をしたり、練習時間を確保したりする必要があります。

そして、教室に通うために時間がかかることもあり、忙しい方にとっては懸念点になりますね。

 

決まった時間にレッスンをしたり、通学時間を割いたりすることが難しく、費用も抑えたい場合はピアノ教材「うっきうきピアノマスタークラス」やピアノ教材「うっきうきピアノオンライン版」がおすすめです。

ピアノ教材「うっきうきピアノマスタークラス」やピアノ教材「うっきうきピアノオンライン版」については、【ピアノの先生が解説・櫻井ダイキ先生との対談も!】初心者向けピアノ教材「うっきうきピアノマスタークラス」「うっきうきピアノオンライン版」を徹底解説 | carpediem (carpediemsoniablog.com)で解説していますので参考になさってください。

 

▼ピアノ教室に通うよりお得に上達を目指せる▼

 

ピアノ教室って本当に効果あるの?

上達には個人差がありますが、ピアノを習う目的や目標をしっかりと設定して、ピアノに向き合い、積極的に練習を進められる人であれば、ピアノ教室に通うことで高い効果を得られます。

ピアノ教室に通っているのに思うような効果を得られない場合、次のポイントを意識して普段のピアノへの向き合い方を見直してみることをおすすめします。

 

▼効果を得られない時に見直すべきポイント▼

練習時間の確保ができているか
レッスンの復習ができているか
わからないところはちゃんと先生に聞けているか
お手本となる演奏をたくさん聴けているか

それぞれのポイントについて、具体的にどのように見直していけばいいのか詳しく説明していきます。

 

練習時間の確保ができているか

練習時間の確保について、具体的にどのぐらい練習時間が必要かは練習する曲のレベルや演奏テクニックのレベルによって前後しますが、1日、時間がない日でも30分、時間に余裕のある日は2時間練習時間を確保できるのが理想的です。

 

レッスンの復習ができているか

ピアノの上達のためには、レッスンで習った内容をしっかりと理解して自分の中に落とし込むことが大切です。

そのために、レッスンの復習は欠かせません。

おすすめはレッスンの内容を録画して後日聴き直すことです。

先生のアドバイスを再度振り返ることができるだけでなく、自分の演奏を客観的に聴いて課題を見つけることもできます。

録音ではなく、録画することで、先生や自分の演奏の仕方もわかり、新たな課題に気づくこともできます。

わからないところはちゃんと先生に聞けているか

レッスン中に出てきたわからないところはできるだけその場で聴いて解決しておくことをおすすめします。

レッスンが終わって自分で練習する際にわからないところが少ないほうが当然練習もスムーズに進みます。

そして、自分で練習しているときに出てきたところはメモをしておくなど、しっかりと覚えておいて次回のレッスンで聴けるように準備しておきましょう。

お手本となる演奏をたくさん聴けているか

お手本となる演奏を聴くことで、さまざまな演奏家の表現のいいところを自分の演奏に取り入れることができ、表現の幅が広がります。

何より目標となる演奏が見つかることでモチベーションアップにも繋がります。

 

ピアノ教室に通ったら短期間で弾けるようになる?

短期間でピアノを弾けるようになるには、効率的にピアノを習得する必要があります。

特に短期間で1曲を集中して弾けるようにしたい場合は1曲を集中してレッスンを受けられるピアノ教室を選ぶのがおすすめです。

短期間で1曲を集中して弾けるようにしたい方は椿音楽教室の「1曲集中レッスンコース」がおすすめです。

》》椿音楽教室公式ホームページ

また、効率的にピアノを習得するために、次のポイントを意識することでレッスンの効果を最大限に得られます。

 

▼効率的にピアノを習得するための4つのポイント▼

練習時間の確保ができているか

練習時間の確保について、具体的にどのぐらい練習時間が必要かは練習する曲のレベルや演奏テクニックのレベルによって前後しますが、1日、時間がない日でも30分、時間に余裕のある日は2時間練習時間を確保できるのが理想的です。

 

レッスンの復習ができているか

ピアノの上達のためには、レッスンで習った内容をしっかりと理解して自分の中に落とし込むことが大切です。

そのために、レッスンの復習は欠かせません。

おすすめはレッスンの内容を録画して後日聴き直すことです。

先生のアドバイスを再度振り返ることができるだけでなく、自分の演奏を客観的に聴いて課題を見つけることもできます。

録音ではなく、録画することで、先生や自分の演奏の仕方もわかり、新たな課題に気づくこともできます。

 

わからないところはちゃんと先生に聞けているか

レッスン中に出てきたわからないところはできるだけその場で聴いて解決しておくことをおすすめします。

レッスンが終わって自分で練習する際にわからないところが少ないほうが当然練習もスムーズに進みます。

そして、自分で練習しているときに出てきたところはメモをしておくなど、しっかりと覚えておいて次回のレッスンで聴けるように準備しておきましょう。

 

お手本となる演奏をたくさん聴けているか

お手本となる演奏を聴くことで、さまざまな演奏家の表現のいいところを自分の演奏に取り入れることができ、表現の幅が広がります。

何より目標となる演奏が見つかることでモチベーションアップにも繋がります。

 

【STEP3】ピアノ教室の選び方

予算に合っているか

ピアノ教室を検討する際は、全体でかかる費用とあわせて支払方法も確認しておくと安心です。

教室に通い始めたときにかかる費用が予算に合っているかどうかを事前にチェックしておきましょう。

レッスン料金とは別に、入会金・施設費・事務手数料・教材費などが必要となる教室もあります。

選択したコースやレッスン回数に応じてレッスン費用が変わる場合もあるので、体験レッスンやカウンセリングの際に確認しておくことをおすすめします。

また、口座自動引き落とし・クレジットカード・振込など支払い方法はさまざまで、教室によっては振込手数料が必要な場合もあります。

 

通いやすい立地にあるか

教室数が多くても通いやすい場所になければ継続して通うのが難しくなってしまうので、立地は必ず事前に確認しておくことをおすすめします。

ピアノ教室に通って上達を目指したいと考えている人にとって、教室が通いやすい立地にあるかは非常に重要です。

最寄り駅や学校・職場の近く、もしくは通学・通勤ルート内にある教室を選びましょう。

教室によってはレッスンごとに異なる教室に通えるシステムもあり、この場合はその日の都合に合わせて選択できるため便利です。

地方に住んでいて通学が難しい人は、オンラインレッスンが可能な教室を検討してみてください。

 

自分に合ったレッスン形式か

自分に合ったレッスン形式かも、ピアノ教室を選ぶ際には重要なポイントです。
レッスンの進め方やプランの内容は、教室によって大きく異なります。

クラシックピアノコース・ポピュラーピアノコース・ジャズピアノコース・オンラインレッスンコース・初心者向けなど、自分の目的やレベルに合ったレッスンを行っている教室を選びましょう。

また複数人で学ぶグループレッスンと講師と一対一で学ぶマンツーマンレッスンのどちらを選ぶかも、事前に確認するのをおすすめします。

入会前の無料体験レッスンなどを積極的に活用し、自分に合った方法で学べるスクールかを判断しましょう。

 

先生の特徴は自分に合っているか

ピアノ教室によって先生の特徴は異なります。

有名音楽大学出身の先生もいれば音楽教育学部出身の先生をはじめとした音楽経験の豊富な先生などさまざまです。

また、力を入れている教室は先生の採用率が5%だったり、先生にスキルアップのために教室独自のプログラムを習得させることもあります。

「自分の求めているレッスン内容か」「自分のレベルに合う先生か」そのほか「先生の人間性は自分に合っているか」など、先生と自分の相性をさまざまな観点で判断することをおすすめします。

 

【STEP4】ピアノの選び方

電子ピアノの予算は?

電子ピアノは上級者向けの高価格帯のものから、初心者向けの低価格帯のものまでたくさんあります。

価格が高ければ高いほど機能も充実し、子どもが大きくなってからも愛用できるものも多いです。

初心者向けのものは10万円以下、初心者から上級者まで使えるものは10万円以上になります。

 

電子ピアノに求める機能は?

近年の電子ピアノは研究が重ねられ、様ざまな機能があります。

子どものための初めての電子ピアノの場合、注目するべき機能は「音色数」と「内蔵曲数」です。

「音色数」は選べる音の数のことで、選べる音の数が多いほど子供の興味を刺激、ピアノを好きになるきっかけになります。

「内蔵曲数」は電子ピアノに収録されているレッスンの定番曲やお手本の曲の数のこと。お手本の演奏を聴いて上達を目指すことが大切なピアノ。子どもの演奏の上達に大変役立ちます。

子どものピアの上達のためにども電子ピアノが合うのかしっかりと見定めたいですね。

また、電子ピアノのメーカーによって得意な機能も違います。

今回おすすめする電子ピアノのメーカーを含めた人気電子ピアノメーカー5社の特徴は【ピアノの先生が解説】電子ピアノ人気メーカー5社の特徴を徹底比較! | carpediem (carpediemsoniablog.com)の記事で解説していますのでよろしければご覧ください。

 

ピアノの先生がおすすめする電子ピアノ

ピアノの先生がおすすめする電子ピアノについてはこちらの記事で解説しているよ。

 

【STEP5】ピアノ上達のコツ

ピアノの上達に参考になる記事をブログからピックアップしたよ。

 

 

【STEP6】ピアノの練習方法

ピアノの上達に参考になる本や記事をブログからピックアップしたよ。

 

 

おすすめの楽譜と一緒に練習方法や弾き方の解説もしているからこちらの記事もおすすめだよ。

 

新着記事

ピアノの先生解説|ピアノ初心者にによくある悩み3つ!回答とアドバイスでお悩み解決
ピアノの先生解説|電子ピアノ用ヘッドホンおすすめTOP3!選び方と買ってはいけないヘッドフォンの具体例も紹介
【ピアノ上達のコツ】柴田一輝先生(オルコネ講師)にインタビュー!ピアノが嫌になったことや挫折しそうになったこと・立ち直り方・リズム感の鍛え方・早く譜読みをするコツ・暗譜のコツ・モチベーションを上げる方法・練習のルーティン・ピアノ演奏で心がけること・演奏本番に自分の本来の力を出すためのルーティン
ピアノの先生解説|無料ピアノアプリおすすめ4選!独学譜読みコード練習に最適なアプリを注意点や体験談と合わせて解説
ピアノの先生解説|メトロノームおすすめTOP3!選び方と買ってはいけないメトロノームの具体例も紹介

 

人気記事

【2024年】ピアノの先生おすすめ電子ピアノTOP10
ピアノの先生解説無料あり|ジャンボリミッキーおすすめピアノ楽譜【初級・中級・上級】ディズニー
ピアノの先生解説|机にもなる電子ピアノも!インテリアにおすすめな電子ピアノ20選!選び方も解説!
ピアノの先生解説無料あり|東京ブギウギおすすめピアノ楽譜【初級・中級・上級】朝ドラ『ブギウギ』(笠置 シズ子)
ピアノの先生解説|スマートピアニストでできること使い方を徹底解説|ヤマハ無料アプリSmart Pianist
タイトルとURLをコピーしました